【APEX】「センチネル」の性能・特徴。最高のロマン武器

この記事はたぶん 2 分で読めます。

シーズン4で追加された新武器「センチネル」についての解説です。

「センチネル」の特徴

ダメージ 通常:65
ヘッド:130
足:59 
弾薬 スナイパーアモ(S4で追加)
装弾数 通常:4発
マガジン(1):5発
マガジン(2):6発
マガジン(3):7発

ボルトアクション式のスナイパーライフル。
1発のダメージは大きいが、ワントリガーごとにコッキングアクションを挟むため、完全な遠距離向け武器

「シールドバッテリー」でチャージが出来る

「センチネル」の特徴の一つに「エネルギーチャージ」がある。

手持ちのシールドバッテリーを1つ消費することで、センチネルを一時的に「妨害者モード」にすることが出来る。
「妨害者モード」時に敵に被弾させると、なんと1撃でアーマーを全破壊出来る

チャージしたエネルギーは発砲する度に減るうえ、時間経過でも僅かに減り続けるので、基本的には戦闘が始まってからのチャージが望ましい。

遠距離武器のスタンダードになり得る

ボルトアクションの割りに1発のダメージが少ないですが、
・割と早い弾速
・弾道降下が少ない
辺りの特徴により、初心者でも扱いやすい遠距離武器だと思います。

また射撃音インパクトも大きく、雰囲気的なプレッシャーも与えられそう。

「シールドチャージ」について

シールドバッテリーを消耗することで使える「妨害者モード」ですが、バッテリーはそこそこ希少価値が高いので、あまり頻繁には使えないですね。

しかし戦場を常に勝ち続けてきた強者であれば、バッテリーは余るほど持つことになります。

 

つまりセンチネルのシールドチャージは、どちらかと言うと「鬼に金棒」的な要素であり、弱ったプレイヤーの逆転措置とかでは無いように感じます。

「デスプロテクション」時は無効?

未検証ですが、レブナントの「デストーテム」による効果「デスプロテクション」時は、アーマーにダメージが入りません。
では「デスプロテクション」時に「妨害者モード」の弾を被弾しても、そのまま通常ダメージで体力が減るだけかもしれません。

未検証ですが、もしかしたら「妨害者モード」の緊急対策として「デストーテム」が有効かもしれません。

※ただし、デストーテムを使用すると移動距離が制限される為、そもそもあまり現実的な戦略では無い。